木津川市を中心に京都や奈良で建築家とつくる高性能デザイン注文住宅
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

安心安全に暮らすために大事となる「耐震性能」について解説します!

家づくりノウハウ
公開日:2023.09.29
最終更新日:2024.01.22
家づくりノウハウ
公開日:2023.09.29
最終更新日:2024.01.22

安心安全に暮らすために大事となる「耐震性能」について解説します!

R+houseの高性能住宅
近年大きな地震が相次いで発生していることから、家を建てるに際して耐震性が気になる人も多いのではないでしょうか。今回はそんな「耐震性能」について詳しく解説していきます。

目 次

地震から建物を守る「免震」「制震」「耐震」

免震とは

一般的には建物上部と基礎の間に「免震装置」を設置することによって、地面からの揺れを建物に直接伝えないようにした構造を言います。建物の揺れそのものを大幅に軽減させるため、建物内部のダメージや建物の倒壊を防ぐのに有効です。

制震とは

主にダンパーなど、力を吸収する働きを持つ「振動軽減装置」を設置することにより、地震の揺れを吸収する構法を言います。一般的には内壁と外壁の間に制震ダンパーを設置して揺れを吸収します。木造住宅で用いられているものは、筋かい部分に設置されているものが一般的です。

耐震とは

最も一般的な地震対策構法で、地震が起きた時に柱や梁、壁で地震の力に抵抗します。つまり建物の構造体を強くすることで耐震性能を高めて、地震の揺れに耐える構造と言えます。
日本では、過去の大震災を教訓にして「耐震基準」というものが定められています。
免震、制震、耐震の説明
地震から建物を守る代表的な対策として「免震」「制震」「耐震」を紹介しました。
ここからは、その中でも最も一般的な地震対策構法で、多くのハウスメーカーや工務店が標準構造として採用している「耐震」にスポットを当てていきたいと思います。

耐震構造について

耐震構造は、建物の構造体を強くすることで耐震性を高めて、地震の揺れに耐える構造です。現行の耐震基準は、中規模の地震(震度5強程度)に対してはほとんど損傷を受けず、極めて稀にしか発生しない大規模の地震(震度6強から震度7程度)に対しては、人命を守ることを目安としています。

耐震構造のメリットとデメリット

住宅だけでなくマンションにも利用されている耐震構造は、3つの構造の中で最も一般的なので、コストを抑えられるという点が一番のメリットです。現行の建築基準法にも対応している構造で、最もハードルが低いとも言えます。
しかし、振動が軽減できるわけではないため、建物自体が地震の揺れを直接受けることと、家具などの屋内に設置されているものが損傷しやすいというデメリットがあるので、注意が必要です。

耐震等級とは

家探しをしていると「耐震等級」という言葉はよく目にすると思います。これは、地震に対する建物の強度を示す指標のひとつです。住宅の性能表示制度を定める「品確法」に沿って制定されたものです。建物の耐震性能によって3段階に分かれており、その数字が大きいほど建物の耐震性能が高いため、建物を建てたり買ったりする際の目安になります。
耐震等級

地震に強い家の特徴とは

地震に強い家を建てることは、地震大国である日本で安心して生活するためにとても大切なことです。ここでは地震に強い家の構造や間取りの特徴などについて解説します。

まず、地震に強い家は耐震基準を満たしていることが大前提です。そこに耐震等級の違いによって、強度の高さが変わってきます。さらに地震に強い家には物理的な特徴があります。

シンプルな構造

一般的に地震に強い家は正方形に近いシンプルな構造です。正方形は同じ面積の面で支え合うため、力が分散されやすく倒壊しにくい特徴があります。建物の形が複雑になればなるほど、地震のエネルギーを受けやすくなるため、倒壊リスクが高くなります。同じ耐震構造でも建物の形によって、倒壊リスクは変わるので注意が必要です。

家の質量による違い

地震のエネルギーは、家の質量に比例して伝わるので、家の質量が小さいほど揺れが小さく、地震に強い家だと言えます。建物の質量は、使用する建材によって変化します。鉄骨やコンクリート造は重く、木造が最も軽いため、質量だけで考えると木造建築が地震に強いと言えます。

家の高さによる違い

ビルなど高さのある建物ほど揺れやすくなります。一戸建てでも同じことで、2階建てより3階建ての方が揺れの影響を受けやすくなります。できるだけ高さが低い方が揺れにくいため、一戸建てにおいては平屋が地震に強い家と言えます。

強い地盤

地盤の強さも重要です。地盤の強い土地に家を建てれば、地震に強い家ができます。反対に、地盤が緩い土地に家を建てれば、地震の揺れで家を支えきれず倒壊したり沈下したりする恐れがあります。地震に強い家を建てることは、土地を選ぶところから始まっていると言えます。

過去の地震災害とリスク

木津川市や精華町のある京都府南部や奈良市は、比較的災害の少ない地域です。気象庁のデータで過去30年間の震度5以上の揺れを観測した回数なども確認出来ますが、全国的に見ても少ない地域です。
過去の大きな地震災害としては、1854年の伊賀上野地震や1927年の北丹後地震、1944年の東南海地震などがあります。いずれもマグニチュード7以上の大きな地震災害です。

近い将来に発生が危惧されている地震としては、南海トラフ地震や奈良盆地東縁断層帯地震があります。特に1944年に発生した東南海地震は南海トラフ地震1つで、南海トラフの東側で起こった大きな地震です。約100年から200年の周期的に発生すると予測されており、規模は毎回 マグニチュード8クラスに達する巨大地震です。

木津川市・精華町・京田辺市・八幡市・奈良市で家づくりを検討されている方へ

R+houseモデルハウス
ここまで「耐震性能」の大事さについて紹介してきました。家を建てる時は、耐震性能についてしっかり取り組みをしている建築会社か確認いただくことが大事です。

R+house木津川では、最高ランクの耐震性能を標準仕様としている本物の高性能住宅です。外周部には「R+パネル」という耐力壁を用いており、建物の変形や倒壊を防止する構造用面材が組み込まれており、強固で安全な家をご提供しております。
家づくりに関する様々な疑問にも対応しておりますので、まずは一度ご相談ください。
>>R+house木津川の耐震性能についてはこちらから
>>家づくりについてのご相談はこちらから
#京都府木津川市 #奈良県奈良市 #京都府相楽郡精華町#注文住宅 #新築 #高耐震 #高耐久 #免震 #制震 #家づくりの基礎知識 #耐震

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2024.01.22

家の断熱を示す「UA値」「断熱等級」とは?

家づくりノウハウ
2024.01.22

長期優良住宅の減税効果や金利優遇の仕組みを徹底解説!

家づくりノウハウ
2024.01.22

太陽光発電のメリットやデメリット、今後について徹底解説!

家づくりノウハウ
2024.01.22

建築家とつくる家づくりのメリットデメリットについて徹底解説!

前へ
自由設計で家づくりをするメリットとデメリットを徹底解説!
家の断熱を示す「UA値」「断熱等級」とは?
次へ
自由設計で家づくりをするメリットとデメリットを徹底解説!
家の断熱を示す「UA値」「断熱等級」とは?

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

中庭のある家

アフターサポート

R+house木津川は、建築中のお施主様に安心して家づくりを進めていただけるように、「完成保証サービス」を、そして、お引渡し後のお施主様にも快適なくらしを続けていただけるように、60年間にわたっておうちを守る「アフターサポートプログラム」をつくりました。

アフターサポートプログラムでは、性能が高いおうちを長持ちさせ、より快適なくらしを保つため、定期的な点検やメンテナンスなど充実のメニューをご用意しております。お施主様の大切なおうちを長期にわたってサポートさせていただきます。
建築家写真

建築家との家づくり

家づくりを建築家に依頼するということ。それは、今まで限られた人にしか叶わなかった家づくりを、もっと多くの方へお届けしたい。その想いをカタチにしたのがR+house木津川の建築家住宅です。
土地探しのコツ

土地探しのコツ

土地探しをする際、最初に行くところとして、不動産会社を思い浮かべる人は多いと思います。
住宅情報サイトなどを閲覧して、なんとなくのアタリをつけて行かれる方も多いと思います。
しかし、希望通りの土地というのはなかなか見つからないものです。不動産会社を何社も巡り歩いても、思うような条件の土地が見つからず、疲れ果ててしまった……なんて経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そういった失敗をしないための「土地探しのコツ」をご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。

お問い合わせ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house木津川
住所
奈良県奈良市赤膚町1036番地の2
営業時間
09:30~20:30
休業日
水曜日、第1・3・5火曜日