木津川市を中心に京都や奈良で建築家とつくる高性能なデザイン注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

高断熱高気密
性能をとことん追求した快適でくらしやすい住宅

暖炉のある家
R+house木津川が高性能住宅である理由

くらしを豊かにする大きな役割が家にはあります。
長きにわたってくらす場所だからこそ健康に良いとされる18℃以上の室温を、お金を気にすることなく保ちキレイな空気の中で快適に過ごしていただきたい。

大きな地震が来ても壊れない家。
大切な家をいつまでも使い続けられるように。
未来を見据えた住宅を「R+house木津川」はつくっています。

高性能住宅の3つの要素

冬はあたたかく、夏は涼しい。冷暖房費を抑えた快適なくらしを実現するためには、「高断熱」「高気密」「計画換気」がすべて揃っていることが重要で、これら3つが密接に関係しています。

高性能住宅の要素

ZEHを大きく上回る断熱性能

高断熱の指標「UA値」

住宅の断熱性は「UA値」という指標で表されます。UA値とは「外皮平均熱貫流率」の略称で、建物内部の窓や壁などから、外部へと逃げる熱量を外皮等の面積全体で平均した値のこと。いわば、住宅の「熱の逃げやすさ」を示した数値といえます。この数字が⼩さいほど熱が逃げにくい“⾼断熱な家”になります。
そのUA値をもとに断熱性能は1~7の等級に分けられます。R+house木津川の断熱性能は、最高水準の6~7を標準にしています。

断熱等級表

R+house木津川の断熱仕様 ~HEAT20 G2グレード~

UA値の基準値は地域によって異なります。7つの地域区分に分かれており、京都府南部は「6地域」に分類されます。
R+house木津川では、国が定める省エネ基準やZEH基準をはるかに上回るHEAT20 G2グレード(UA値0.46)を断熱基準にしています。
建物断熱基準値表UA値

理由は、この断熱レベルだと暖房費を抑えてあたたかく健康に過ごすことができるからです。
それに、断熱に関わる部分(外壁・窓など)は後から取り替えることが困難な部位だからこそ、R+house木津川が最も大切にしている部分のひとつです。


基準をはるかに上回るR+houseの高気密住宅

高気密の指標「C値」

住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。
これまでの日本の目標は5.0(㎠/㎡)。それに対してR+houseの標準は、0.5(㎠/㎡)以下です。
住宅の隙間が最小限になるよう気密施工を徹底し、高い機密性能を実現しています。

高気密C値

高気密にこだわる理由

・健康
住宅に隙間が多いとそこから冷気がたくさん入ってきます。それによって室温が下がり“ヒートショック”などの健康リスクの原因となります。

・結露防止
住宅の隙間から壁内に湿気が入ると“壁内結露”が起こりカビが発生しやすくなります。

・計画換気
住宅の隙間から空気が出入りしてしまうと、計画的な換気ができなくなります。

・省エネ
住宅の隙間が多いとせっかく冷暖房した空気も外に逃げてしまいます。その結果、ランニングコストが高くなってしまいます。


気密の比較
だから、全棟気密測定を実施
C値は「気密測定」という方法で、機械を使って実際に計測します。R+house木津川では全棟この測定を行い、オーナーの皆様に高気密住宅であることを数値で証明します。


高気密だからこそできる「計画換気」

上質な空気を巡らせる計画換気

計画換気とは、常に空気の出入口を明確にして、必要な量の新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気を排出することです。
家じゅうの空気をくまなく換気することで、結露やカビの原因となる湿気も排出します。
気密と換気

気密と換気の関係性

気密性能によって換気量が大きく変わることがわかります。
家じゅうをくまなく換気するために、R+houseは高気密で高性能住宅にこだわります。
気密と換気の関係性
このように換気と気密には密接な関係があり、気密が不十分だと適切な換気ができません。


木津川市・精華町・京田辺市・八幡市・奈良市で家づくりを検討されている方へ

ここまでR+houseの高性能住宅について紹介しました。断熱性能・気密性能・換気のどれか一つでも欠けてしまうと、長く健康で快適な暮らしは実現できません。これから家探しをされる方や既に家探しをされている方も、住宅会社が皆様のことをどこまで考えて取り組みをしているかを知っていただくのが大切だと思います。
R+house木津川では、土地探しから資金計画まで、家づくりに関する様々な疑問に対応しておりますので、まずは一度ご相談ください。
#省エネ住宅
#注文住宅
#新築
#高気密
#高断熱
#長期優良
#HEAT20 G2
#第1種換気
#基礎断熱
#性能

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

中庭のある家

アフターサポート

R+house木津川は、建築中のお施主様に安心して家づくりを進めていただけるように、「完成保証サービス」を、そして、お引渡し後のお施主様にも快適なくらしを続けていただけるように、60年間にわたっておうちを守る「アフターサポートプログラム」をつくりました。

アフターサポートプログラムでは、性能が高いおうちを長持ちさせ、より快適なくらしを保つため、定期的な点検やメンテナンスなど充実のメニューをご用意しております。お施主様の大切なおうちを長期にわたってサポートさせていただきます。
建築家写真

建築家との家づくり

家づくりを建築家に依頼するということ。それは、今まで限られた人にしか叶わなかった家づくりを、もっと多くの方へお届けしたい。その想いをカタチにしたのがR+house木津川の建築家住宅です。
土地探しのコツ

土地探しのコツ

土地探しをする際、最初に行くところとして、不動産会社を思い浮かべる人は多いと思います。
住宅情報サイトなどを閲覧して、なんとなくのアタリをつけて行かれる方も多いと思います。
しかし、希望通りの土地というのはなかなか見つからないものです。不動産会社を何社も巡り歩いても、思うような条件の土地が見つからず、疲れ果ててしまった……なんて経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そういった失敗をしないための「土地探しのコツ」をご紹介します。
建築家住宅

高耐震な家づくり

日本ではこれまでも、阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震などの大地震が発生しています。また、南海トラフ地震や首都直下地震などの大規模地震は、近い将来の発生の切迫性が指摘されています。
このような大地震から大切な家族を守るためには、住宅の耐震化を図る必要があります。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house木津川の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.22

家の断熱を示す「UA値」「断熱等級」とは?

R+house木津川の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.22

長期優良住宅の減税効果や金利優遇の仕組みを徹底解説!

R+house木津川の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.22

太陽光発電のメリットやデメリット、今後について徹底解説!

R+house木津川の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.22

建築家とつくる家づくりのメリットデメリットについて徹底解説!

R+house木津川の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house木津川
住所
奈良県奈良市赤膚町1036番地の2
営業時間
09:30~20:30
休業日
水曜日、第1・3・5火曜日